食事マナーの大切さ


毎日食事を3食します。

何気なく食べていますが、マナーというのがあり、状況によっては他人を不快にする行動を取っていることがあります。故にマナーを知っておくことが皆で楽しく食事をする上で重要なことであり、当たり前のことでもあります。まずは姿勢を正しくしてきっちり座ることです。


これは見た目というのは非常に大事なので、意識して姿勢を正しくします。


これに関係しますが、肘を付いて食べないということです。

肘を付いて食べているとあまり良いようには見えないので、直す必要があります。
次に誰かと食事をする時に会話も楽しみたいですが、口の中に食べ物を入れながら会話をしたりしないことです。



これは食べ物が入った状態の口の中が見えるというのは、人によっては不快に思うこともあるので注意が必要です。

そして音を立てて食べないということです。

噛んでいる音というのは、自分では中々気が付かないものですが、他人は不快に感じるものです。

バーベキューセット一式をレンタルできるお店に関する話題が豊富です。

そして音というのは一度気になりだすとずっと気になるものです。
せっかくの楽しい食事が台無しになってしまうこともあるので、口を閉じて音を立てて食べないように心掛けることが必要です。



しかしこういうことを気にしすぎてしまい、食事中に何も会話しないというのも良くないことです。

それはせっかく皆で食べているのに、何も会話がないのであれば楽しくないものです。次に料理を出されたものを全て一口サイズに切らないということです。全てを最初に一口サイズに切るというのは効率良いように見えますが、礼儀としてあまり良いものではなく、食べる時に食べる分ずつ切り分けるようにします。


料理というのは見た目でも楽しむということから、それをいきなり全てを切ってしまうのは作った人に失礼にも当たるからです。

このように食事にはマナーがありますが、疑問に感じるものがあれば意識して直す必要があります。

それが楽しく食事をする為に重要です。


Copyright (C) 2015 食事マナーの大切さ All Rights Reserved.