食事の大切さ


生物にとって大切なこと。それは食べることです。

生物は他の植物や動物を食べなければ、生きてはいけません。

ですから、生き物にとって食べるという事はとても大切なことです。

食べるのが大事だからと言っても、ただ食べればいいと言う物ではありません。

人間の体は、色々な成分で出来ています。

決して一種類の成分で出来ているわけではありません。

ですから、食べ物も沢山の種類の食べ物を食べなければいけません。



偏った食事ばかりしていると、人間の体を構成している成分の一部が食べ物によって補充されず、欠けた部分の活動が衰えてしまいます。


特に子供の頃は成長期ですから、栄養の補充を頻繁にしなくてはなりません。

この時期に偏った食事をしていて、しっかりした体を作っておかない場合、大人になってから病気になりやすくなってしまいます。小学校には給食がありますから、昼食については、栄養士さんが栄養のバランスを考えて給食を作ってくれていますから、食事として問題はありません。

問題は朝食と夕食です。

これは親御さんが子供のために作ってあげなくてはなりませんから、親御さんが栄養のバランスを考えてしっかり作ってあげて下さい。

中には朝食を食べないお子さんがいますが、朝食は絶対食べなくてはいけません。


朝食はその一日のスタートラインに食べる食事です。

スタートラインで食事を摂らなければ、今日一日しっかり活動することができません。



昼食を摂るまでまともに活動することができないのではないでしょうか。

午前中は頭がボーっとして、勉強にも運動にも身が入らなくなってしまいます。

日本バーベキュー協会に関する話題が豊富です。

学校での活動に無駄な時間などありませんから、午前中身が入らないというのはいけないことです。
一日中、勉強にも運動にも身が入っていなければ、それが子供に身に付くことはありません。

ですから親御さんは、朝食をお子さんが食べたくないと言っても、無理にでも食べさせてください。人生の基礎を作るのは子供の時代です。

その基礎をしっかり作るための食事は大事にしたいものです。


Copyright (C) 2015 食事の大切さ All Rights Reserved.